1. HOME
  2. ブログ
  3. 年越しそばの由来は?今年の年越しそばは深大寺そば きよしでどうぞ

年越しそばの由来は?今年の年越しそばは深大寺そば きよしでどうぞ

深大寺の老舗蕎麦屋「深大寺(じんだいじ)そば きよし」のHPを

ご覧いただきましてありがとうございます。

前回は、深大寺そば きよし板長自慢の逸品、蕎麦豆腐をご紹介させて頂きました。

滑らかでつるっと入る蕎麦豆腐、お好みでわさびをつけてどうぞ。

 

紅葉の盛りが過ぎて、落葉した葉が赤やオレンジの絨毯となる景色が

見られる深大寺エリアは、これから本格的な冬に入ります。

お正月には初詣に多くの方がお越しになりますが、

その前に「年越しそば」をいかがでしょうか?

 

◎年越しそばの由来は?深大寺そば きよしで美味しい年越しそばをどうぞ

 

年越しそばというのは、江戸時代から定着する風習だそうです。

その由来は諸説あるのでご紹介してみたいと思います。

 

・「細く長く生きられますように」という健康・長寿祈願

そばは体に良いと言われていた為、細く長いものの中でも”そば”が選ばれたようです。

 

・そばは強い植物=無病息災

そばは荒れた土地や雨風にも強い植物であったことから、「そばのように強く」という

願いが込められたと言われています。

 

・金細工職人が金粉を集める際に使用=金運祈願

そば粉を丸めたもので金粉を集めていた様子から、「そばは金を集める」という

イメージで金運祈願に利用されたと言われています。

 

・そばは切れやすい=災いを断ち切る

そばの切れやすい様子から「1年の災いを断ち切る」という願掛けで

そばを食べる風習が根付いたと言われています。

 

皆さんの聞いたことのある説はどれでしたか?

子供のころから、理由も分からず「年越しそば」を当たり前に食べていた

という方も多いのではないでしょうか?

令和元年を締めくくる年越しそばは、深大寺そば きよしでどうぞ。

12/31は、23時にお並びのお客様まで料理の提供をさせていただきます。

 

【店舗情報】

深大寺そば きよし

 

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-2

【電話番号】 042-483-3329

【営業時間】 11:00~18:00

【定休日】  月曜日、火曜日 ※祝日は営業 振替休日有り

【アクセス】 JR東日本「三鷹駅」/京王電鉄「調布駅」

小田急バス「深大寺」より徒歩2分/小田急バス「深大寺入口」より徒歩6分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事